婦人

現代人の様々な悩みをアントシアニンでサポート

更年期障害とは

ドラッグ

女性は40~50代になると、更年期障害のことが気になってくるのではないでしょうか。更年期とは、生理のある女性が閉経する頃、さらにその前後5年の期間のことです。日本の女性は平均して50歳頃閉経を迎えると言われていますが、もちろん個人差もあります。更年期の間に起こる様々な身体の不調が、更年期障害と呼ばれるものです。更年期障害は身体全体に影響するものがほとんどで、本人にしかわかりません。身体の不調を感じ病院に行っても、改善されず悩む方も多いと思います。身体に出る症状以外にも、怒りやすくなったり、眠れなくなったりと、精神的な症状もあります。女性ホルモンが少なくなることで更年期障害の症状が出るので、生理の不順なども影響してきます。症状にも個人差がありますが、よくみられるのが肩こりや頭痛です。更年期にはエストロゲンが減少してしまうことで自律神経が乱れ、肩こりや頭痛を引き起こします。ストレッチや軽い運動・入浴などで身体を温めると血流がよくなり、症状が和らぎます。自律神経が乱れることにより、ほてりを感じたり汗が出続けたりすることがあります。これはホットフラッシュと呼ばれる更年期障害特有の症状です。血管の収縮や拡張がうまくいかないことがホットフラッシュの原因と言われています。さらにめまいを引き起こすこともあるので、めまいを感じたら横になり、安静にすることが大切です。更年期障害は、周囲に気づかれにくい症状がほとんどですが、効果的なサプリメントもあるので症状が和らぐ期待が持てます。ホットフラッシュや肩こりなどにも効く大豆イソフラボンや、不眠や多汗に効くプラセンタ、倦怠感や冷え性にも効くローヤルゼリーなどが代表的です。食事で摂取するのは難しいので、気軽に摂取できるサプリメントを取り入れ、少しずつ改善していきましょう。